::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/07/28 対千葉ロッテマリーンズ15回戦
【ファイターズ○5-1●マリーンズ (千葉マリン/24,558人)】

7月も下旬になると「Fの炎」を見ながら、まだ仕事しているような状況なんですが(涙)、それでも、ファイターズが勝ってくれるとなんとなく疲れも薄れるというか、気分良く過ごす事が出来て、イヒヒヒヒ~な感じです(まぁ、負けたら負けたなりに、いい事探ししたりして元気を出すんですけど(笑))

ってことで、後半戦開始。数字の上ではもう半分以上過ぎてるんですが、慣例として(?)、オールスター以降が「後半戦」なんですよね~
前半戦を振り返ってみると、開幕3連敗とソフバン・西武相手に5連敗の時はさすがにヘコみましたけれども、それ以外は良いあんばいで勝ったり負けたりしてたよなーと。だからこそ「パリーグ首位」の位置にいるんですが。

大きな怪我人も出なかったし(紺田も復帰しましたね!)、先発陣が不安定だった以外は予想以上の活躍をしてくれて――うん、いいシーズンだよなぁって。えへえへえへ。
これから、どういう展開が待っているかは野球の神様だけが知ってますけれども、とりあえず、最初の一戦を勝てたのは、気分的に大きいんじゃないかと。
これからも、良いあんばいで勝ったり負けたりしていって、秋に、札幌ドームで満開の笑顔の花が咲けばいいなぁ――と思いますです。さて、頑張って仕事して、チケット代を稼がにゃ~~



先発は腹筋が綺麗な八木くん。
ラジオで聞いていて、安定感抜群というか、少なくとも5回ぐらいまでは連打を食らうっていう雰囲気は感じられなくて、だから、ランナーが出ても、あんまり心配したりはしませんでした。
配球も、回ごとにちょこちょこ変えていたようですね。特に5回だったかな、西岡を見逃し三振に仕留めた時のラストの球とか、もう、格好良すぎですよ。ああ、左腕投手のクロスファイヤーって、なんであんなにステキなんだろ……(ウットリ)

7回にヒットと四球でランナーを貯め、降板することになったんですけれども、6回投げて無失点。球数が90でやや多めですが、奪三振が8――と、勢いの良さも感じられて、うん、いい投球だったと思いますです。左投手大得意な竹原相手に、「地面に叩きつけるようになってもいいから、低い球を」っていう風な投球をしていて、そこら辺、「決して点を取られまい」っていう意志が感じられて良かったですよ。まぐれとかそんなんじゃなくて、八木くんが、「ダルに次ぐローテ2番手」って言っても、もう、大丈夫――ですよね??

さて、打つ方ですが。
ロッテ先発コバヒロの投球がかなり良くて、初回のスレッジの3ランが無かったら、あるいはどうなることか――みたいな。
つーか、コバヒロ、前に千葉マリンで見た時もすごくいい投球していて、たぶん本人的には「なんで、俺、こんないい球投げてるのに勝てないんだ」状態なんじゃないかと思いますです。降板させられた時、かなり怒っていたとか……気持ちはわからんでもないけど、ベンチを蹴ったらアカンよ、蹴ったら(怪我しちゃうよ~)

ってことで、スレッジ3ラン。初回に賢介と稲葉がランナーに出て、前半戦の特に後半、ちょいと当たりが止まっていたスレッジが「今日から仕切り直しや~」とばかりに大きなホームランを放ちました。いやー、ニュースで見ましたけれども、気持ちいいホームランでしたね!
その後、先頭バッターを出すモノのあと一押しが出来ず――な展開が何度か続き、ハムファンをヤキモキさせたりしたんですが、逆に言うと「あと一押し」の所まで持って行けてるあたり、きっちり自分たちの「カタチ」に持って行けてたってことですから、そんなに失望するもんじゃないんじゃないかと。

3点あって八木くんも好調で、たぶん、それだけでも充分だったと思うんですが、「安心のためのあと1点」が欲しかった8回、スレッジが、この試合2本目のホームランをライトスタンドに叩き込みます。
オールスター休みの間に、誰か、スレッジの背中にあるスイッチ押してきた???(笑)
更に9回、賢介四球、稲葉ヒットを足がかりに、信二がタイムリーを放ってもう1点追加。打撃の方はイイ形で9回を終える事が出来ました。


さてさて、投手リレーの方ですが――7回、八木くんがランナー二人を出してしまって、菊地にスイッチ。今年はこういう大事なところでの活躍が期待されて、それにしっかり応えてますよね、菊地。頼もしい~
菊地は里崎を打ち取って、次、代打橋本が出てきた所で、宮西くんにスイッチ。まるでノムさんばりの「一人一殺」継投です。
橋本からベニーにかわって、宮西くんがベニーを仕留め、ランビン→今江と出てきたところで、建山にまたまたスイッチ。今江の代打にバーナムjr.が出てきて、建山が勝って、なんとかこのピンチを無失点で切り抜けました。うちの中継ぎは頼もしすぎるぞ~~~!(胸を張って自慢)

8回、建山続投。三者三凡、カンペキです。
9回は林が登板。ソロホームランを1本打たれてしまうんですが、球自体はとても良かったそうです。まぁ、こういう事もあるさ――みたいな感じで、ヘコむ必要はないでしょう。打ったのは竹原で、「ああ、竹原って本当に左キラーだなぁ」って再認識したよ――程度で。

ソフバンが負けたので、ゲーム差が2に広がりました。後半戦、また山・坂・谷と色々あるでしょうけれども、なんとか首位2位ぐらいをキープ出来ればなぁと思いますです。ノったら強いですからね、ファイターズは。このままの勢いでどんどん走っていって欲しいなぁ~


日|300 000 011|5  H10 E0
ロ|000 000 001|1  H 4 E0

【勝】 八木(7勝1敗)

バッテリー:八木-菊地-宮西-建山-林/鶴岡
HR:スレッジ13号(3ラン・1回)、スレッジ14号(ソロ・8回)


【通算成績】 82試合  49勝32敗1分(+17)
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○●●(4月/12勝10敗)
●○○○○●○○○○●○○○●○○●○●●●○○△(5月/16勝8敗1分)
●○●●○●○○○●●○○●○○●○(6月/10勝8敗)
○○●●●●●○○○●○○○○○○(7月/11勝6敗)

※試合数メモ 鷲-12(6-6) 鷹-11(5-6) 檻-11(8-3)5
         鴎-15(13-2) 猫-9(5-4) セ-24(12-11-1)


試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(1)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

【雨降らず/ロッテ15回戦】弱いから滑稽だから、人間っていいのさ
【枕】「ロッテ監督騒動は終結させよう」のココロだァ!  ロッテの次期監督に西村ヘッドの内部昇格が有力と報道され、ボビー・バレンタイ...
2009/07/30 01:38│世界日本ハムの哀れblog@腰痛の錬金術師
| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。