::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2006/08/29~08/31 対楽天ゴールデンイーグルス
2006/08/29
【ファイターズ●4-6○イーグルス (札幌ドーム/16,002人)】

今日の楽天戦は、先発ハッシー。かなりメタメタに打ち込まれたりしてたんですが、なんとか5回3失点でマサルさんに交代。
マサルさんは、ちょっとしたピンチを招いたりするものの、抜群の安定感で7回までを無失点で抑えてくれます。

打線の方は、稲葉のホームランなどで早い段階から点を取っていたので、「うっしゃ、このまま行けば勝てる」と思ってたんですが、8回に我らが武田久が出てきてから、「あれれれれ?」な展開。
野手のミスやらヒットやらで、気づけばノーアウト満塁。「えええええ?」みたいな(汗) 
1点を取られて、更に満塁継続――の所で、さすがにヒルマン監督、久を諦めて岡島を投入。ここからが凄かった。

楽天、チャンスで出てきたのが、打率1割3分台の野村監督の息子・カツノリ。外野フライでもいいし、内野ゴロでも深ければ1点が入りそうな場面だったんですが……結果、ショートゴロ→ホームアウト→1塁もアウトの最悪のダブルプレー。いやちょっと、敵ながら、この結果は……(汗)
その後の打者も内野ゴロに打ち取り、岡島、パーフェクトリリーフです。えぇ、岡島は素晴らしかった。ただ、マイケルが……マイケルが(遠い目)
その後の展開は、あまり思い出したくも無いのですが、マイケルが打たれて同点、延長に入り、お互い拙攻続きで延長12回へ。5時間を超える試合っすよ、聴いてる方もさすがにダレてきますよ~(汗)
そして12回表、建山が2ランを浴びて試合が決まりました。8連勝ならず。各所にミスが出て、打線も上手く繋がらず、中継ぎ・抑えが打たれ――な、ダメダメ満載な試合となりました。

…………まぁ、こんな日もあります。むしろ、今日が、順位を決定づける大事な試合じゃなくて良かったと思うべきか。
明日の先発は――10勝目がかかってる八木くんです。ああああああ、私の寿命を1年差し出してもいいから、八木くんに勝たせたい……っっっっ!! 頑張れ、超頑張れ~~


投手:橋本-武田勝-武田久-岡島-MICHEAL-建山 / HR:稲葉(ソロ・2回)
【敗】 建山(3勝3敗)

【通算成績】 115試合 66勝49敗

******************************
2006/08/30
【ファイターズ○6-0●イーグルス (札幌ドーム/16,114人)】

ってことで、勝ちました。はい、勝ちました。八木くん、ルーキーで10勝目です! 
日ハムの他のどの投手もまだなしえてない事を、今年の3月まで大学生だった八木くんがやっちゃいました! 
日ハム的には十数年ぶりの快挙だとか……あああああああああ、マジおめでとう~~~~~~~っっっっっ(苗穂にある日ハムの寮まで届け~~~っ)

今日はもう、目が覚めてからずっと胃が痛くて。緊張で……ですよ。いや、私が緊張してもどうなる訳でもないんですけど(笑)
試合が始まって、実況を聞いていると、どうも変化球がダメらしい。ストレートは割と良かったみたいなんですが、初回からランナーを背負ったりしていて、「ああ、今日もキビシイかなぁ」と、ますます胃が痛くなっていった訳です。
八木くん……といえば、打線の援護がない事で有名だったりしますが(?)、でもでもでもでも、今日はなんと序盤に打線が奮起、そりゃ勝たせたいですよね、二桁勝利って、やっぱりピッチャーとしてのひとつの「財産」な訳だし。
セギのタイムリーやら稲葉の2ランやら、気がつけば6点ゲットしておりました。こうなれば、あとはもう、八木くんがどれだけ頑張れるか――にかかってきまして。

苦しかったです。フォアボールも多くて、ほんのちょっとバランスが崩れたら、そこからズルズルと行きそうな雰囲気が。
でも、ランナーを出した後も粘って粘って、ゲッツー×3回だったかな、野手陣の好守もあって、なんとか無失点のまま試合は進んでいきました。
中盤あたりからは腕も触れるようになって、少しピッチングが楽になったみたいで。
これまで、4回10勝ゲットにチャレンジして、失敗して――を繰り返して、八木くんはそこから「粘りの投球」ってのを学んだそうです。
アウトを一つ取るたび、「よっしゃよっしゃ」と心の中でガッツポーズをして。そして――9回。

すんなり行くかと思ったんですが、ここでもランナーを2人だしてしまって、ブラウンピッチングコーチが登場。以前、「9回2アウト、完投目前で降板」という事もあって、「えええええ、ウソだろ、やめろよ、交代させないでくれ~~~~~っっ」とかなり動揺してたんですが、ここはさすがに助言だけでコーチはベンチに戻っていきました。
「完封じゃなくてもいい、とにかく、とにかくとにかくとにかく勝ってくれ!」とラジオを聞きながら神さまに祈って…………そして、最後の打者を打ち取り、ゲームセット。
終わってみれば、9回完投、しかも完封勝利と、素晴らしすぎる結果でした。投球自体はそれほど良くなかったみたいですけど……これが「気持ちの投球」ってヤツですかね。

「札幌で10勝目をあげたかった」という八木くんのヒーローインタビューを聴いてるうちに、ちょっと泣いてしまいました。春のオープン戦で見てから、ずっと見てきたもんな……苦しんだ末の二桁勝利だもん、そりゃ泣くさ。
ああもう、超嬉しい……確かにビジュアル的にはやや(以下略)ですが、でも、最近、ダルと共に八木くんも可愛くて可愛くてならないです。笑顔がなんともめんこいんだよなぁ~

ってことで、今日は、スポーツニュースをほぼ全部録画しました(笑) んでもって、2時43分から始まる「朝までファイターズ」も録画する予定。
チームのマジックも11まで減少。てか、貯金が「18」もあるのに、どうして3位にしかなれないんだろう……(遠い目)
明日、もう1回楽天と戦って、その後は、インボイスで西武との直接対決。どうもダル先発の日があるらしいので、次はダルに10勝してもらいたいです。って、新人さんに負けてられへんで、ダル~~~(もう一回ユニフォームを忘れて、八木くんのを借りろ~(笑))

明日の先発はカレー大好き・立石投手。一緒にカレーを食べに行きたい……(笑)


投手:八木 / HR:稲葉(2ラン・3回)
【勝】 八木(10勝7敗)

【通算成績】 116試合 67勝49敗

******************************
2006/08/31
【ファイターズ○6x-5●イーグルス (札幌ドーム/14,293人)】

試合レポ。この3日間、楽天戦だった訳ですが、1試合目と今日とが共に5時間越えの長~~~~~~~い試合で、ラジオで聞いていてさすがに疲れました。9時に終わらせた八木くんは、ホント偉いわ……(笑)

今日の先発は、5回以降の握力と引き替えに永遠の若さを手に入れた立石(ウソウソ。でも、マジで若い……上に天然さんっぽいので、女性からはかなりモテそう)
って今日は、5回じゃなく3回しか保たずに、あっさりマサルさんに交代と相成りました。その後がグダグダ展開(汗)
リードされて取り返して、またリードされて追いついて――みたいな感じで、ピッチャー的見所としては、トーマスが作った1アウト満塁のピンチを(……トーマスぅ~)、見事2者連続三振で無失点に抑えた押本と、9回に登板して、これまた3者連続三振の完璧なリリーフを見せてくれた岡島っすかね。素晴らしかったです。
我らが武田久は、8回に登板して自分で満塁のピンチを作り、自分で抑えて結果無失点だった――というマイケルばりの劇場を繰り広げておりました。うーん、ちょっと不調なのかな、久は(汗。でも、NHKのニュースではメチャクチャ扱いがデカかったのよ~)

試合は今日も延長。「今日、勝てないと、上との差が縮まらないからキツイなー」とモヤモヤしてたりしたんですが、マイケルが三凡ジェノサイドで抑えた11回裏、稲葉のサヨナラタイムリーで長い試合に決着がつきました。
これでマジック10、ソフトバンクとのゲーム差1でございます。見えた、見えたぞ、鷹の背中が!

って、次はアレなんすよね、インボイスで西武戦……(遠い目)
西武にはメチャクチャ負けてるので、1勝出来れば御の字――って感じなのですが、とりあえずダルに全てを託そうと思ってます。ダルは、デカい舞台ほど燃えますからね(たぶん) 
八木くんも10勝したし、永遠のライバル涌井との投げ合いっぽいので、きっと奮起してくれる事でしょう。てか、してくれ、頼む~~~~っっ!!


投手:立石-武田勝-トーマス-押本-武田久-岡島-MICHEAL / HR:小笠原(2ラン・3回)、セギノール(ソロ・6回)
【勝】  MICHEAL(4勝1敗31S)

【通算成績】 117試合68勝49敗


+++
(別サイトの日記より転載・一部修正あり。投稿日時は、元記事の投稿日時です)
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。