::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/08/30 対福岡ソフトバンクホークス20回戦
【ファイターズ●2-3○ホークス (札幌ドーム/28,483人)】

配達の仕事に行っていて、ずっとテレビのない所だったので、例の場面の映像は見てません。
色々なブログを見たり監督のコメントを読んだりすると、あの場面はやっぱり、「田上が二岡にタックルをかました」がファイナルアンサーなのかなぁと。3塁側に転がったボールを追うんじゃなくて、1塁側に走り出した二岡にぶつかって転んだ――って話ですし。
それでアウトひとつ稼げるんなら、キャッチャーはみんなタックルにいきますよね。「守備妨害だ」って言い張ればいいんだし。
ハムに来て初めて退場になった梨田監督でしたけれども、キャッチャー出身であるが故に許せなかったんでしょう。球団も正式に提訴するみたいですね。
その前の小谷野のプレー等もあっての事だとは思うんですが、とりあえず、こんなゴタゴタが起きないようなジャッジをしてもらいたいと審判のみなさまに強く願う次第です(「わざと取ってんだろ!」って感じの多田野のボークの時も思ったけどさ~)


3連戦の3戦目が負けだと、なんとなくたくさん負けたような気にもなるんですが、でもでも、相手先発があの面子での2勝1敗は十分な結果じゃないでしょうか。つーか、杉内に簡単に勝てたら、誰も苦労はしないって(汗)
梨田さんの続投も決まりましたね。これだけの結果(首位独走)を出してるんですもの、他に取っ替える必要はない――ってことでしょう。選手との関係も良好のようですし、ファンにも優しいカンジで素敵な監督ですよね。来年も再来年も、この調子で優勝争いしてくれたらなぁと願いますです。

先発は八木くん。
3回ぐらいまではイイ感じで投げてくれてたんですけれども、4回につかまって1失点。
ただ、そのあとズルズル行かずに1失点のまま6回まで投げてくれました。新谷さんだったかしら、「八木は『試合を作ろうという意識』がかなり強い」的なことを仰ってたんですが、まさにその通りの粘りの投球でした。
病み上がりで6回1失点なら充分な出来ですよ~ 心から「お疲れさま」を言いたいです。

継投の話をする前に、今日は打撃のことを先に書きます。
ホークス先発はエース杉内だったのですが、決して手も足も出ないって感じではなくて、ちょこちょこヒットは打ててたんですね。単発だったけど。
で、1点先制された4回、裏の攻撃の時に稲葉ヒット→信二四球で絶好調スレ様が2点タイムリーを放って逆転に成功します。ここまでは、ホント「好調ファイターズ」って感じだったんですけれど……

6回裏。先頭打者スレッジがヒットを放って、続く小谷野が送りバントを試みたんですが、その時、小谷野が打球を行方を見てしまって(?)打席で立ち止まってしまったんですね。で、田上がすぐに捕球しにいけなかった。
ここら辺の詳しい経過は忘れてしまったんですが、結果的に1塁2塁オールセーフになって、ここでホークス秋山監督が「小谷野のせいで、キャッチャー田上の守備が妨害された」と抗議に出てきたんです。これが伏線。

ノーアウト1・2塁ですから、続く二岡がまたまた送りバントを試みたんですが、最初に書いたように田上が二岡とぶつかって転び、審判は「守備妨害」を宣告します。これで怒ったのが二岡と梨田監督。
日頃、穏やかな顔をしている二岡が憤懣やるかたない表情をしていたというのですから、相当、露骨な感じだったんでしょうね、田上。
梨田監督の抗議が長引いた――ということで、審判は監督に退場を宣告。ファイターズに来てからは初めての退場というか、監督になってからも2度目の事だとか。まぁ、さすがにTシャツは作らないと思いますけれども、ファイターズは(笑。カープは今頃、帽子とシューズの絵柄のTシャツを作成中かしら)

「ていうか、小谷野の守備妨害を取っていれば済んだのでは……」って感じだったんですけれども、これでケチがついてしまったのか、2アウト満塁から賢介が初球ボップフライという最悪の結果に(涙)
7回、八木くんからマウンドを引き継いだ菊地が三者連続空振り三振――という、これ以上ない超カッコイイ投球をして反撃への雰囲気をもり立ててくれるんですが、8回、3連投となった宮西くんと宮西くんからマウンドを託された江尻が打たれてしまって逆転を許してしまいます。
というか、病み上がりなんだから宮西くんはてっきり「あがり」なんだと思ってましたよ……さすがにこれはキツかったんじゃないかなぁ(普通の風邪じゃなくて、インフルですからね)

9回の林は、きっちり三者凡退でホークス打線を抑えてくれましたが、打線の方が、杉内→摂津→馬原と繋がれたホークス勝利の方程式を打ち崩すことは出来ませんでした。
というか、8回の守備の時、小谷野が糸井からの送球を目に当ててしまって(走者の肩に打球が当たって予想不可な動きになってしまった?)途中交代に。
どの程度の怪我なのか、詳細はわからないんですが、目のあたりであるが故に不安です。小谷野がいないファイターズなんて考えられない~~~!


今はただ、小谷野の無事を祈るだけなんですが(我慢しないで欲しいぞ~)、とりあえずホークス的には「3連勝」しかあり得なかったところを、「1勝2敗」で終わらせたんですから、結果としては上出来なんじゃないかと。あとはただ、ダルの帰りをひたすら待ちつつ、2勝1敗ペースぐらいで9月を乗り越えられたらな――と思いますです。ていうか、追加日程の発表はいつじゃ~!(気になる~)



ソ|000 100 020|3  H10 E1
日|000 200 000|2  H 8 E1

【敗】 宮西(7勝1敗)

バッテリー:八木-菊地-宮西-江尻-林/鶴岡-大野


【通算成績】 110試合  66勝43敗1分(+23) M27
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○●●(4月/12勝10敗)
●○○○○●○○○○●○○○●○○●○●●●○○△(5月/16勝8敗1分)
●○●●○●○○○●●○○●○○●○(6月/10勝8敗)
○○●●●●●○○○●○○○○○○○○○(7月/14勝6敗)
●○○●○●○○○●○○○○●●●●●●○○○○●(8月/14勝11敗)

※試合数メモ 鷲-17(8-9) 鷹-20(9-11) 檻-17(12-5)
         鴎-17(15-2) 猫-15(10-5) セ-24(12-11-1)

試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。