::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/09/17 対楽天ゴールデンイーグルス23回戦
【ファイターズ○5-4●イーグルス (札幌ドーム/21,636人)】

出来るなら、試合の全てを記憶していたいけれども、現実問題としてわたしのどす黒い脳細胞では、全ての場面を記憶する――なんてことは無理で。
忘れている事の方が多い今日この頃ですが、そんな中でも、特に印象に残っていて今でも鮮やかに思い出せるシーンがあります。

一昨年だったかな、ロッテ戦で小谷野が打ったサヨナラホームラン。
ヘルメットをポーンと放り投げたあの姿が、今でも映像として脳裏にしっかりと蘇ります(ヘルメットから見れば、「ぶん投げるなよ~」って感じだったんでしょうけれども(笑))
谷野の何が好きって、打ったあとのあのバットの放り投げ方(笑) あの腕の角度が好きなんですよ~(あと、笑った時の「にぃっ」っていう感じが、とても好き)
これでホームラン数が二桁到達。プロ初――だったかな? わたしが小谷野を認識した最初の時は、まだ外野手だったんですけれども(笑)、今ではサードは小谷野以外考えられないって感じですよね。いつか、彼の努力が素敵なカタチで報われればいいなぁと思います。



あー、それにしても、勝って良かった。
今日の試合を言葉で表現すると、とりあえず、「結果オーライ」って感じで(笑)

先発は藤井。今日の藤井は、ぶっちゃけ――「ダメダメ藤井」でしたね(汗)
投球リズムと味方の攻撃に、実際問題、どれほどの関係があるのかはわかりませんが、でも、あれだけグダグダな感じだと、確かに集中力も鈍ってしまうかも――と思わさっちゃいました(北海道弁)
楽天先発・藤原が同じようにグダグダだったのもありますが、7時でまだ2回、8時でまだ4回――って、「何時になったら試合終了だよ」と思っちゃいましたもの。ズルズルな空気に引きずられたのか、賢介と金子がエラーしたりしてましたしね(賢介のはエラーにはならなかったけれども)

四球→ヒット→四球でノーアウト満塁、点を取られて更に四球を与えて、またまた満塁。さすがにね、これは擁護出来ないというか……むむむぅ、どうしちゃったんですかね。
今年は安定して好投してくれてる印象があったんですが――うーむむむ。甘いもの食べ過ぎておなかこわしたとか?(いやいやいやいや)

って訳で、藤井は4回途中3失点で降板。この時点で球数が92だもんなぁ。交代もやむなし――か。
9連戦中ですから、あんまり投手をつぎ込みたくはない状況なのですけれども、こんな展開じゃあしょーがないよねぇ……って感じで、「次は林か谷元か金森か」と思ったら、出てきたのが菊地でビックリ。梨田監督、勝負かけましたね!

菊地が4回途中~6回と若干ロング気味になげてくれて、ここから試合のテンポが良くなったような感じがします。見逃し三振とか、すげー気持ちよかったですよね! 一緒にテレビ中継を見ていた母(藤井の投球に文句タラタラだった(笑))は、「この人が先発やればいいのに」と言っておりました。いやいやいやいや、菊地は大事な中継ぎなのよぅ~

この時点で1点勝ち越していて、7回は建山。鉄平を打ち取ったのはいいんですが、そこからヒットと四球でランナーをためて満塁に!! ひょえ~!
バッターは、ノムさんに「天才」といわしめた草野。この勝負は見応え(というか、聞き応え)がありました。インコースに投げ込む建山、それをファールにする草野。何球、ファールが続いたんでしたっけ?
最後は、建山が首を振ってアウトコースの球を投げたんですが、それがはずれて押し出し四球。建山の根気負け――でしたね。
これで同点になっちゃうんですが、ただ、それ以上の失点を許さなかったのが勝因だったかと。
建山が勝ち投手なのに納得いかない人も多いようですが(笑)、まぁ、「結果オーライ」ってことで~

さて、攻撃の方に目を向けますと――
初回、楽天先発・藤原の立ち上がりにつけこんで、ヒットと四球でランナーをためて、稲葉がきっちりタイムリー。そのあと、信二→スレッジと凡退していや~な感じになりかけたのですが、小谷野敬遠で満塁となり、糸井の内野安打の間に更に1点追加。2点をゲットします。
欲を言えば、ここでもう1点ぐらい取れてたら、もうちょっと楽な試合展開になってたと思うんですが――まぁでも、1点も取れないよりはずっといいってことで。

2回には、ここのところ「ガス欠」だった金子のヒットを足がかりに、信二がタイムリーを放って1点追加。イイ感じで試合が進んでいたのですが、藤井が打たれて同点になり、どうしたもんかと思っていた6回、これまた金子のヒットをきっかけに、今度はひちょりがタイムリー2ベースを放って勝ち越しに成功。
ひちょり、やっと調子が上向いてきたって感じですね。ひちょりが打つと、球場がすごく盛り上がるのでなんかとってもイイ感じです。えへえへ。

で、建山で同点にされて、「こんだけスローペースなのに延長とかなったら、ノムさん、ベンチで居眠りしちゃうんじゃないだろうか」と心配したりしたのですけれども、7回裏、小谷野が値千金どころか値万金なソロを放ち、またまた勝ち越しに成功!
で、8回は、前回のリハビリ登板が良かったのか宮西くんが三者凡退でしめ、9回はランナーを出しつつ久が無失点に抑えてゲームセット。ヒヤヒヤながらも1点差で勝利することが出来ました~

で、ででででで。ここのところ「勝ち負け一緒」友好条約を結んでいたソフバンさんが、昨日はオリさんにサヨナラ負けしてしまって、久々にマジックが「2」減りました。おおおおお、もうちょっとで一桁も見えてくるぞ~!
次のオリ戦は移動ゲームになるんですが、いい流れにのって頑張ってもらいたいです。出来れば、八木くん完投で!(笑)


楽|012 000 100|4  H12 E0
日|210 001 10x|5  H12 E1

【勝】 建山(4勝7敗) / 【S】 武田久(1勝0敗32S)

バッテリー:藤井-菊地-建山-宮西-武田久/大野-鶴岡
HR;小谷野10号(ソロ・7回)


【通算成績】 126試合  72勝52敗1分(+20) M14
●●●○○○○●●○○○○○●●○○●○●●(4月/12勝10敗)
●○○○○●○○○○●○○○●○○●○●●●○○△(5月/16勝8敗1分)
●○●●○●○○○●●○○●○○●○(6月/10勝8敗)
○○●●●●●○○○●○○○○○○○○○(7月/14勝6敗)
●○○●○●○○○●○○○○●●●●●●○○○○●(8月/14勝11敗)
●○●○○●●●●●●○○●○(9月/6勝9敗)

※試合数メモ 鷲-23(12-11) 鷹-20(9-11) 檻-17(12-5)
         鴎-23(17-6) 猫-18(10-8) セ-24(12-11-1)


試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。