::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/11/04 日シリ第4戦・対読売ジャイアンツ
【ファイターズ○8-4●ジャイアンツ (東京ドーム/45,133人)】


よっしゃー、これで札幌に帰れるどー!





ていうか、監督のインタビューぶった切ってCM入れた日テレのあh(以下略。原監督のインタビューだったら最後まで流しただろうに……やることが陰険すぎるわ!! 今日のお立ち台、「信二と小谷野」という私のダイスキ選手二人組だったのに……しんじー、えいちゃーん!!! ホントに日テレのアホんだら~!!←結局、書いてやんの)


いや、ホント、信二の栄ちゃんも格好良かったですよね……これまで何度も書いてますが、男の格好良さってのはスタイルがいいとか顔かたちがどうとか、オシャレな服を着こなしてるとか、斜に構えた言動をしているとかじゃなくて、タイムリーを打った後のガッツポーズとか、3塁にヘッスラしてセーフになった後の笑顔とか、そういうのを言うのだとつくづく思います。「やるべき事をやり遂げた」姿が格好いいのですよ、うんうん。賢介の3盗も良かったし、八木くんの牽制も見惚れるぐらいだったよ!(マジで八木くんは牽制でアウトにするのが上手いですよね)

って、八木くんの牽制と言えば、日テレ解説の小久保が誉めてましたよね。基本的に「テレビを見ながら音声はラジオ派」なので、テレビの音量は下げてるんですが、ちょこちょこ聞こえた小久保の解説が同じパリーグってこともあってか、割にハムに好意的だったので、なんかとっても嬉しかったです。だって、テレビ関連なんて、GAORAと北海道ローカル局以外は、みんなあっちの味方じゃないですか~

まぁ、CSの時もそういう「逆境」をはね除けて勝ち進んだ訳なんですが、本日の先発は八木くん。
確か、新谷さんだったかと記憶してるんですけれども、「試合を作る意識が人一倍強い」ピッチャーだ――って。んでもって、06年以降の苦労もあったりしましたから、日シリに対する意識は人五倍ぐらい高いはず。
だから、きっとねばり強く投げてくれるだろうと思っていたら、ホント、よくあの展開で1失点しかしなかったよな――と驚くほど。5回を投げて、5回ともノーアウトのランナーを出してたんですよ。しかも、そのうち2回はノーアウトで2塁まで進まれてしまって。

「ランナーを出しても落ち着いて投げる」の見本みたいでしたね。もちろん、ノーアウトのランナーを出すのは誉められた事じゃないんですが、それで動揺しないで焦らないで顔にも出さないで、その後をしっかり抑えられたことは充分、評価に値するかと。昨日の糸数くんは、ランナーを出しちゃった後にそれが出来なかったんだよなぁ~
シーズン中なら、「ランナー出し過ぎ」は反省点になりますが、短期決戦は結果優先になりますから、今日の八木くんはこれで良かったのでしょう。5回1失点。お疲れさまでした。そして、ありがとう、八木くん!(あと、「キムタクは初球から打ってくる」って、八木くんに声かけしてくれた二岡もありがとう~)

6回からは建山。札幌ドームなら悲鳴が上がりそうな感じですが(汗。気持ちは分かるけど、もっと信頼してあげようよ~悲鳴はやめようよ~)、今日の建山は三者凡退。ほら、悪い時もあればいい時もあるんですって~
7回は宮西くん。4連投ですよ……抑えてくれたのはいいんですが、ちょいとそれが心配。移動日挟んではいるんですが……明日は休ませてあげたいなぁ~(頼むよ、藤井!)
そして8回。満を持しての金森登場な訳だったのですが、「いい時もあれば悪い時もある」じゃ困る内野守備で、二岡から交代した飯山が痛恨のエラー(汗)
これで動揺しちゃったのか、金森くんがラミレスに3ランを打たれてしまいます。一番、打たれてはいけない相手やん~~~~(汗)(汗)(汗)
うーん、どっちかっちゅうと、打たれた金森くんよりエラーしちゃった飯山の方を責めたい感じ。ただ、こういう場面で動揺しない金森くんであって欲しかったなぁと思ったのも、また事実。
1軍経験で言うならまだまだ浅い金森くんには、いい経験になったんじゃないかと思います。打たれても落ち込むことはないと思うよ! ていうか、落ち込んでる暇はないよ!!

ラミちゃんホームランの後、更にヒットと四球でランナーを貯めてしまい、林にスイッチ。必要以上(?)の気合いが空回りしてしまうのが怖い林でしたが、今日はしっかり後続を断ち切ってくれました。誰かがダメな時、他の誰かがフォロー出来る、そんな関係がいいですよね~
9回は久が登場。新谷さんによると、状態はあまり良くなさそうなんですが……だ、大丈夫かな?(汗)
ヒットを打たれたりしてちょいと不安だったりしたのですが、2塁を欲張った小笠原の暴走(?)もあって、傷が大きくなる前にゲームセット。今日だけ調子があまり良くなかった――と思うことにします。うん、大丈夫大丈夫、久ならきっと大丈夫~


さて、昨日とうってかわって、今日は打つ方がイイ感じでした。
初回、三者連続三振の時はどうなるかと思ってたんですが、解説の新谷さんが、「高橋尚が初っぱな飛ばしてる風だから、二まわりめあたりから、逆にチャンスかもしれない」って仰ってて、実際、そんな感じになって「ほえー」と。
3回、賢介ヒット→ひちょり内野安打で1アウト1・2塁としたところで、賢介が3塁盗塁を試みて成功! CSで楽天がマサルさん相手に3盗をやってましたよね……それをちょっと思い出しました。ダブルスチールならなお格好良かったのになぁ~
で、稲葉四球で満塁。ここで、昨日、チャンスの場面で打てなかった信二が初球を引っ張って2点タイムリー! しんじ、しんじ、しんじぃ~~~!!
スレッジはアウトになるものの、続く小谷野がこれまた走者二人を返すタイムリーを放ち、一気に4-0に。これよ、こういう攻撃が見たかったのよ!!
小谷野は3塁にヘッドスライディング。基本的にヘッスラは怪我に繋がるからやっちゃダメ派なんですが、ここぞという場面でのヘッスラはやはり士気が高まるなぁと思った次第です。小谷野の嬉しそうな顔も良かったですよね~

んでもって、追加点が欲しかった5回には、信二が、まさに「東京ドームホームラン」というべきホームランを放って5-1に。あれ、札ドなら余裕でフェン直(しかも、フェンス中段ぐらい)ですよね……(汗)
7回には、賢介3塁打→ひちょりスクイズでもう1点追加。スクイズ1回目を失敗して「うわー」って感じだったんですが、2回目になんとか成功。賢介の足が速くて良かったっすよ~
ひちょりがメチャクチャ嬉しそうだったのが印象的でした。やはりひちょりはチームを明るくしてくれるなぁ~

8回には、信二→スレッジでランナーをためて小谷野がまたまた2点タイムリー。前半、全然ダメだったスレッジに当たりが出たのは良かったですよね~
その裏、ラミちゃんに3ランを打たれたので、表の得点がホント、「取っといて良かった~」って感じでした。東京ドームの巨人戦は、セーフティリードっちゅーものがないんですね(汗) 何点あっても足りないわ~みたいな。

最終的に8-4だったんですが、気分的にはかなり追いつめられた感じでした(汗) うおー、やっぱり怖い打線だぜ~(でも、あんまり「イヤ」って感じがしないのは何故だろう)
問題点も幾つかあった試合ではありますが、とりあえず、勝ったからもういいです。うん。みんな頑張った!
明日の先発は藤井ですよね。ひとりビールかけ、忘れてないかしら……(笑) 負けても札ドに帰れますが、でも、出来るなら「ファイターズらしい野球」で勝って、金子と一緒に帰ってきて欲しいなぁ!  


日|004 010 120|8  H11 E1
巨|001 000 030|4  H13 E0

【勝】 八木(1勝0敗)

バッテリー: 八木-建山-宮西-金森-林-武田久/鶴岡
HR:高橋1号(ソロ・5回)

通算成績:4試合 2勝2敗


そういえば、ラジオ情報ですが、試合前の練習時、ヤタローの背中にダルの写真をこっそり貼り付けた人がいて、ヤタローがなんでみんなにニヤニヤ目線で見られてるのか分からなくて、「???」状態になっていたそうで。
これ、普通に聞いたら、「大事な試合の日なのに、なんて気合いの入ってチームなんだ、たるんでる! けしから~ん!」とか思われそうですけれども、こういう情報を聞いて、「ああ、いつも通りのファイターズだー」って安心出来るんですから、わたしも、相当、ファイターズ選手に調教されてしまったなぁ……と(笑) いつものファイターズが、一番いいです。はい。
試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。