::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2009/11/05 日シリ第4戦・対読売ジャイアンツ
【ファイターズ●2-3x○ジャイアンツ (東京ドーム/ 45,160人)】

うあー、負けてしまいましたーーーーー
まぁでも、15-0でいい所無しボロ負けじゃなかったし、巨人ファンのみなさん(と、野球解説者並びにマスコミのみなさん)が日シリ前に予測していたよりは接戦になってるんじゃないでしょーか。

久……久、ひさしー! 昨日の新谷さんの不安的中でんがな~(新谷さん、予言者?)
シーズン中無敗だった反動が、ここに来て出ちゃうとは。でも、まぁ、お決まりの文句ですけれども、「久で打たれたらしゃーない」ですよ。
この一年――いや、久が1軍で投げ始めてから積み上げてきた信頼が、こんな1敗で揺らぐ訳ないじゃないですか。残りあと2戦なのか1戦なのかわからんですが、たとえ結果がどうなろうと「武田久」を諦めて欲しくないなぁと思います。今年に対して悔いの残らないようにして欲しい。久と心中、上等じゃ~!

ていうか、負け方がアレなのでガックリしてしまいますが、いい所もあったじゃないですかー!
藤井! ダルで言う所の「一世一代のピッチング」ですよ。男の生き様、感じさせてもらいました! これまで何度と無く藤井のピッチングを見てきましたが、今日が一番です。さすが、かつて巨人キラーだったことはある――みたいな。
普段、藤井を「格好いい」と思うことはほとんどないんですが(笑。格好いいというか、「のほほーん」って感じ)、今日の藤井はキラキラと輝いて見えましたよ。格好良かった!

そんでもって、信二! わたしの信二! ホントは奥様とお子様のものだけど、言うのはタダだから言っちゃえ、わたしの信二!!
9回表のホームラン! もうね、魂、抜けちゃうかと思いましたよ……(実際に魂が抜け出ていったのは、CSのスレの逆転サヨナラ満塁打お釣りナシの時)

負け試合でしたけど、藤井の好投が見られたし、信二が打ってくれたし、ついでに栄ちゃんもステキだったのでそれを心の支えにして土曜に備えようと思います。久も、そんなに気にすんな! まだ「終わった」訳じゃないんだから!
(今日、勝っておけば思いきり優位だったけれども、魔窟のような東京ドームで1勝2敗はある程度、想定済みだったでしょうし。って、建山と林に関しては、二人で反省会をして欲しいところですけれども)

先発は藤井。
狭い東京ドーム、この大舞台。さぁ、どうなる――と思ったんですが、これまで見た中で一番の安定感でした。終わったから言えることですが、藤井完投だったらあっさり勝てていたかも(汗)
ランナーを出しても、全然、バタバタしませんでしたね。そんでもって、いつものボール先行が無くて、見ていて気持ちのいい投球。やれば出来るじゃん、藤井! 大野くんとの呼吸もあってましたね~(今年一年分しかデータのない大野くんのリードだから、セリーグの時に対戦しててもその時とは違った風に投げれてるのかなーと思ったりした。実際、どうだったんだろ)

好投藤井は7回で降板。野球素人のうちの母ちゃんでさえ「代えたらダメだわ、なんでかえるの」と言ってたんですが、「好投していても6回あたりから突然、リズムを崩してしまう」という「これまでの実績」が、今日はちょっと邪魔してしまったかなぁと。1点差だったから、四球連発されたら超マズイですし。
いやー、難しいですよね、ここら辺の判断。かえて打たれれば叩かれるし、かえずに打たれても叩かれるし。監督業は因果な商売ですな(汗)
今日に限っていうなら、本当に今年一番の出来だったので、続投しても良かったんじゃないかなーと。というか、続投させて欲しかった。
残念な結果になってしまいましたが、藤井には心からの拍手を送りたいです。今日の心の勝利投手は藤井や!

8回のマウンドには建山登場。おおお、悲鳴が聞こえるわ……(遠い目)
って、昨日、三者凡退で抑えていたので、そのあたりでの起用だったと思うのですが、今日はやっちゃいけないことをやってしまいましたね。これはちょっとさすがにアカンわー擁護できんわーみたいな。
2ストライクと追い込んでからの死球。
ミス・四死球はかなりヤバイ――ってのが、このシリーズの中の一番のルールになっていたんですけれども、結果的にこのランナーがホームに還ってしまい、同点に。
こういうのがあるから、信頼度が下がっちゃうんだよなぁ(涙) 悪い印象ってのは、なかなか拭うことが出来ません。

建山の出したランナーが盗塁で2塁に進んだ所で、林にスイッチ。林も前日頑張ってくれた選手でしたけれども、今日、これまた「やっちゃアカン」事をやってくれました。牽制悪送球。これはもう、プロの投手としてアカンでしょう。1点を争ってる場面なんですから。偽投でも良かったと。
このあと、大道に打たれてランナーがホームにかえり同点に。後から振り返れば、「ここで宮西を出しておけば」な場面だった感じでしたけれども、宮西くん、4連投でしたしね……(遠い目。昨日、心配した通りになっちゃったよ)

んでもって、9回、久が連続ホームランを打たれてゲームセット。球がかなり高かったようですね。もちろん、反省すべきは反省すべきなんですが、でも、ホント、久が打たれたんなら、もうどうしようもないやーみたいな。打った方が凄かったんです。ていうか、ハンパないねー、巨人打線(でも、繰り返しになりますが、西武とか楽天打線の方が「イヤ」な感じがします。うちの母も言ってました。確かに、対峙するとものっそ怖いけど、あくまで「一発ドッカーン」な怖さだから、「うへぇ~」って感じは少ないんだよなぁ)

打つ方は――金子の不在が響いてる感じですかねぇ。「代打二岡」が出来なくて、「代打鶴岡」になっちゃうあたりがにんともかんとも。あと、稲葉はまた考えすぎてるのかしら(新庄~、どうにかしてあげて~)
得点らしい得点は、9回の信二のソロHRのみ。残りの1点は、2回、古城と小笠原のハム愛――じゃないエラーで取ったもの。
大野くんよりピッチャー藤井の方が打ちそうな構えだな――とか思いながら見ていたら、本当に藤井が打ってエラーを誘って先制点――な展開だったのでビックリしました(笑) なんかこう、ちょっと稲田っぽかった?>打席の藤井

直接的敗因は久が打たれたことですけれども、やっぱ、点を取れなかった打線も大きいですよね。打てなくて悔しいのはわかるけれども、バットを叩きつけるのはアカンぜよ、賢介――と思いました。白井元ヘッドが見てたら怒るよ!

まぁ、そんな訳で負けました。でも、次は札幌ドームでの試合です。恐ろしい東京ドームの試合はもうこれで終わったんです。
勝負の行方がどうなるのかは分かりませんが、選手もファンも「我らがホーム」で一番のプレー&応援が出来ればいいなぁと思いますです。勝つにしても負けるにしても、「ファイターズの野球」で!


日|010 000 001 |2  H4 E1
巨|000 000 012x|3  H7 E2

【敗】  武田久(0勝1敗)

バッテリー: 藤井-建山-林-武田久/大野-鶴岡
HR:高橋2号(ソロ・9回)

通算成績:5試合 2勝3敗


試合日記_2009  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。