::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2006/09/26 対ソフトバンクホークス
【ファイターズ○8-0●ホークス (札幌ドーム/41,732人)】

「思い」って「力」になるんだって思いました……


なんかもう……凄かったです。応援歌を歌いすぎて、喉が痛いです(笑)

ってことで、行って参りました。
札幌ドーム・今季最終カードのホークス戦第1戦。
今日は、前に花屋でバイトしてた時に一緒だったオバサマと二人で見に行きました。誘ったら「いいよー」の返事があったので。
一応、内野自由席の招待券も持ってたんですけど、招待券だと満席の場合断られる……って注意書きがあったので、慎重を期して前売りでアッパー指定席の券を買っておきました。
ホームベース側の、かなり高い位置の席だったんですが(こーんな感じ)

20060926


選手の細かい動きとかは見えないんですけれど、ゲーム全体の流れをよく見る事が出来て、これはこれでイイ席なのかも――と思ったりしました。最後まで売れ残ってる事が多いし、これは意外な穴場かも、です。
早めに球場に着いて、運良く売り切れ前の新庄弁当をゲットする事にも成功しました。今日は、新庄が好きなコーヒーゼリーとイチゴが入ってる赤の方を食べましたですよ。
そんでもって、6時、試合開始です。
ダルはユニフォーム、セギはベルト、そしてマサルさんはひげそりシェーバーを忘れた日になんでか分かんないけど活躍した――という実績(?)が、これまでハムの選手の間ではあったんですけれど、今日は、八木くんの代わりに私が大切な「Fバンド(腕につけるシリコンバンド。この前の試合でもらったヤツ)」を思いきり忘れてしまいました。
まぁ、それが要因という訳では絶対ないんですけれど(笑)、今日の八木くんは素晴らしい、まさに「エクセレント!」な投球を見せてくれました。

相手はパリーグトップクラスの名ピッチャー・斉藤和己(勝利数・防御率その他もろもろ4部門でトップ)、そして「絶対に負けられない」という大一番だってのに……本当に、なんたる精神力! やぎすごすぎや! 今年入ったばっかりなんすよ、3月まで大学生だったんですよ……すごすぎる!!
7回3安打無失点、3塁を踏ませない好投でございました。ストライク先行で、たとえランナーが出ても「いやいや、大丈夫」と安心して見てられました。はじめから飛ばしてた強気ピッチングがぴったりハマった――って感じで。

こっそりと、応援用八木くんうちわ(小)を作って持っていったかいがありました……(こんなの↓)

20060926_02


思いきり頑張る八木くんに影響されてか、打線の方も今日はガッツリ打ってくれました。防御率1点台の斉藤和己が相手なので、「今日は1点を争う勝負だろうなぁ」と思ってたんですが……いやいやいや、これが「勢い」というヤツか、って感じです。
金村のアレで色々あって、チーム状態も決して順風満帆――ではなかったと思うんですが、金村が謝罪して罰金を払って、なんとか落ち着いて。
雨降って地固まる――ではないと思いますが、今日はもう、札幌ドーム全部が「ひとつのかたまり」になってた感じでした。

1回裏、セギがまさかの2ランを打って、「いや、今日、これ、ひょっとして勝てるんじゃないか?」な雰囲気が。
中盤、賢介にまでホームランが飛び出して「いやいや、ちょっとこれ、勝てる、勝てるよ」――と。八木くん絶好調で好守のテンポもとっても良くて、7回、ついに斉藤和己をマウンドから引きずり下ろします。「あの」斉藤和己を――ですよ。
西武戦の途中経過も随時スクリーンで報告されて、球場全体が「いけいけ」ムードに。そして7回、ついに打線が爆発致しました。
繋がる繋がる、ホームランこそ出ませんでしたけれど、小笠原の満塁走者一掃タイムリー3ベース――とかあって、この回、なんと5得点。

客席も、なんかもう、凄まじかったです。あんな上の方の席だったのに、熱心なファンの人がたくさんいて、力の限り応援歌を歌ってました。稲葉の時なんか、あたし、喉がおかしくなるんじゃないかってぐらい叫びましたからね。
ホークスのピッチャーは、たぶん、あの雰囲気に飲まれたんじゃないか――と思います。ホントに凄かった。これが「ホームアドバンテージ」なのか――と。

私が座った後ろの席に小学生の男の子が座っていて、この子がもうすっっごい熱心に応援するんですよ(笑)
応援歌を全部歌えるのはもちろん、新庄の登場曲の英語の歌から、飯山の登場曲「ゆうじ(漢字失念。長渕剛の曲)」まで全て歌える――という凄まじさ。点数が入るたびに振り返ってその子とハイタッチをしてきました(笑)
ああいう子が将来のファイターズを支えてくれたらいいな――と思いました。試合後にちょっと話したんですけど、やっぱり野球をやっていて、明日は自分の試合があるから来れないんだ――と言ってました。「明日は君の分まで応援してくるから」と伝えてきたんですけど、ホント、あの子の分まで明日、応援しなければ。

試合の方は、8-0で思わぬ快勝。まさか斉藤和己相手にこんな試合展開になるとは。
八木くんは7回で降板、完投ペースだったんですけど、無理はさせなかったようです。8回は我らが武田久。前の試合で嫌な感じだったので、たぶん、そのリベンジ登板だったんでしょう。三者三凡、きっちり試合を引き締めて、9回のマイケルに繋ぎます。
マイケルも、セーブがつく場面ではなかったのですが、いいイメージをつけるための登板だったんでしょうね。これまたきっちり抑えて――ガッツポーズ×3倍くらのガッツポーズで試合を決めます。

ヒーローインタビューは八木くん。最初、「表情がちょっとかたいなぁ」と思ってたら、最後の一言の所でニコって笑ってくれました。ああ、めんこ~い。
インタビューの受け答えの中で、かなり無理やり「したっけ(北海道弁)」を使っていて、なんかすっごいウケてました。したっけしたっけ。八木くん、北海道を気に入ってくれたのかしら~

ヒーローインタビューの後、通常時はヒルマン監督が客席にボールを投げ入れて終わり――なんですけれど、今日は、ベンチ入りの全選手が出てきて選手会長・金子誠が挨拶をしてました。「明日、全身全霊を込めた試合をして、勝ちます」と。
明日、もし、勝つか引き分けで、西武の成績に関係なくプレーオフ1位進出が決まるんですよ。で、もしハムが負けて西武が勝つと、ハムは2位。どちらにせよ「札幌ドームでプレーオフ」の公約は実行される事になりました。
ああ、出来るなら1位通過で行って欲しい。1位通過だと、第2ステージで2勝すれば「ゆうしょう!」ですから。

とにかく明日、喉が潰れてもかまわない勢いで応援してきます。応援って、ホントに選手の力になるって、今日の試合を見て実感しましたから。頑張れ、ハム、頑張ろう、自分。


投手:八木-武田久-MICHEAL / HR:セギノール(2ラン・1回)、田中賢(ソロ・5回)
【勝】 八木(12勝8敗)

【通算成績】 135試合 81勝54敗

******************************
リダイアル回数:2307回。

リダイアルも1000回を越えると、0にリセットされるのだと今日、知りました。
いやー、プレーオフチケットの予約が今日からだったんですけれど、笑っちゃうほど電話が繋がらなくて。ジャニーズなんて可愛いもの――って感じでしたよ。
だって、午前10時発売開始で、翌日の午前2時になっても「ただ今、大変混雑しております。しばらく経ってからおかけなおしください」のアナウンスが流れるんですもの。てか、みんな、寝なさいよ~~~

途中、試合を見てきたりしたのでアレですけれど、今日は一日、電話をかけてたような気がします。リダイアル2307回の末、とりあえずプレーオフチケットで入手可能なものは全部予約しました。あとは、順位が確定して、必要な分だけを発券すればいい――という感じです。ああ疲れた、でも、これで安心して暮らせます。

プレーオフも通うぞ! アホやバカやと笑いたかったら笑ってくだされ~(だって、こんなチャンス、きっと今年だけだよ!)



+++
(別サイトの日記より転載・一部修正あり。投稿日時は、元記事の投稿日時です)
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。