::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2010/04/18 対西武ライオンズ6回戦
【ファイターズ●0-3○ライオンズ (西武ドーム/24,432人)】

今日、一番驚いたのは、金本選手の振るイニング出場が途切れたニュースを中継アナが口にした時、解説の有藤さんが

「なんで? どっか病気?」

みたいな発言をしたこと。つーか、ハムファンの私ですら、アニキの右肩がちょーヤバイの知っとるで~
(それとも、返球が出来ないくらいの肩痛ぐらいじゃスタメン落ちの理由にならない――と思ったんだろうか)


記録も大切ですが、でも、やっぱり身体の方が優先だと思うので、なんとか上手いことつき合っていって欲しいなぁと思う所でございます。
ていうか、骨折しながら片手でヒットを打った映像とか、中田くんや陽くんあたりに見せたいわ。「これがプロなんだよ」と。

中田くん2軍落ちのようですが……1軍で育てて欲しいというのも分かるけど、これだけ負けがこんでくると、まず勝たなきゃならないですから、実績のある選手の方へ目が向いてしまうのも仕方ないでしょう。
使っても使わなくても批判は出てくるだろうなぁと。難しいですよねぇ。「最下位でもいいから育てて欲しい派」「とにかく勝って欲しい派」、色々入り乱れているワケですから。
もうちょっと勝敗に余裕があったら(3位4位あたり)使い続けていけるんでしょうが、今年はホントに色んな所でかみ合わせが悪い感じです。落ちるなら、きっちり2軍で調整しなおして来て欲しい。中途半端な感じではなくて。


更新が遅くなってしまったのは、試合に負けてショックというより、アレコレ色々考えてたらなんだか疲れてしまって、ネットを切り上げ早々に寝ることにしたため。

これだけ負け試合ばかり見せられてくると、「北海道のマスコミやファンが選手を甘やかしてるからダメなんだ、もっと厳しく対応して野次ったり、ブーイングしたりした方がいい」みたいな文章をよく目にするようになりましてね(ラジオでガンちゃんも「野次って結構」みたいに言ってましたよね)、
でも、ホントに野次ったり厳しいことを言ったりしたら、選手が頑張ったりやる気アップしたりするのかなぁ――と。

いや、自分の身に置き換えてみて、わたしは大学入試で2回失敗した人間なんですけど、精いっぱいやってダメで、ガツーンと落ち込んでいる時に知り合いの人から「一年かけて何やっとんじゃ、お前のせいで予備校代損したわ!」ってな感じで言われたら、それを「叱咤激励」って思えるかなぁ、どうかなぁ――って。ただでさえ失敗してショックなのに、味方だと思ってた人から怒鳴るような口調で否定的な事を言われた時、それがプラスに転じるものなのかな――と。
去年、建山が江尻が出てきた時の「ええええええ」や、かつての木元に対するブーイングとか、新庄が「一番辛かったのは、オールスターで応援ボイコットされた時」と言ってたりしたのを思い出すと、「ホントに野次って、選手の力になるのん?」って思っちゃうんですよ。いや、確かに、野次られて「なにくそー」って奮起する選手もいるかもしれないけれども、「全ての選手」にそれが当てはまるものなのかな、当てはまるとしたら、どれくらいの割合なのかな、そういうことをアレコレ考えてたら、なんか頭がグルグルになって。

「野次じゃなくて、アレは叱咤激励」って言う人もいるかもしれないですが、「叱咤激励になるような野次」「愛のある野次」って、結構、難しいと思うんですよ。マイナスのことを言うんだけど、それをマイナスと感じさせないだけのユーモア感覚とか頭の回転の速さとかが必要で、もちろん、全部の野次を聞いてる訳じゃないから、全部が全部「そう」とはいえないんですが、球場で耳にする野次の大半が「自分の不満やイライラを選手にぶつけてるだけ」で、言葉としてものすごい尖ってるんですよ。
ひどいのになると「さっさと怪我して交代しろor2軍に落ちろ」みたいな。実際に、札ドで耳にしたことありますもの。

「ダメダメな時にひたすら応援するのは、ファンが選手を甘やかす行為だ」とか、全然、意味わからん……なんで応援しちゃアカンのだ。何か、明確な事例とかありますかね。「不甲斐ない成績の選手がファンからガッツリ野次られて奮起し、結果を残した」事例。うーんうーん。
ていうか、本音の所を言えば、球場で野次りまくり・叩きまくりの人の傍にいると、すごく嫌な気分になるからやめて欲しい――みたいな。負け試合だってそれなりに楽しんでる人間がいるんじゃ~い!と。


まぁでも、こんな事をつらつら考えられるのも、ファイターズが存在してくれて、負けても負けても頑張って野球をしてくれているからですよ。まずはそこに感謝。ってことで、試合日記、いきます。



先発はマサルさん。
序盤、3回までは無失点で来れたんですけれども、4回、おかわり君にソロホームランを打たれてしまいます。
まぁでも、これはマサルさんのデフォみたいなものなので、これを責めるのは酷というものでしょう。相手、おかわり君ですしね。
問題は6回。1アウト2塁でおかわり君を敬遠し(ホームラン打たれてますから)、続くブラウン勝負――だったんですが、ブラウンには前のカードで2打席連続ホームランを食らっていて、それが邪魔したのか四球を与えてしまい、1アウト満塁に。大ピーンチ!
ここでマサルさんにかえて久が登場。若干、マサルさんの降板が早いような気がしないでもなかったんですが、マサルさんって一度打たれると結構、ガンガンやられてしまうイメージがあるので(いつぞやの日シリのような)、そういう意味も含めての交代だったのかなぁと。

ラジオ中継で「武田久と谷元がブルペンで投球練習をしている」という報告があがっていたので、まだ6回だし勢いのある谷元の方かな――と思ったら、告げられた名前は、久。おおおおお、ここで久か。確かに、修羅場は幾度と無くくぐり抜けてるもんなぁ――と。
結果は、1犠牲フライ、1タイムリーの2失点。痛くないと言えば嘘になりますが、でも、1アウト満塁、人の作ったピンチを引き継ぎ――ですから、まぁまぁ納得のマウンドだったかな、と。
マサルさん、調子自体は悪くなかったようですが、なかなか上手くいきませんなぁ。「武田リレー」は、ちょいと萌えましたが。

7回は、160センチ台リレーで谷元が登板。勢いありますよね、三者凡退。
8回は、調整登板と思われる宮西くん。こちらも無失点。素晴らしいです。今年の「楽しみ」のひとつです、宮西くんの成績。


打つ方は――無得点なので、何を語ることもないですが、とりあえずひちょりが2ベース打ったのは良かったかと。
あとは……あとは、ねぇ、アハハハハハ~~~~


さて、次の試合はスカイマークでのオリックス戦ですが、雨の方はどうなんだろう……??? 雨が降って欲しいような、欲しくないような……いや、やっぱ野球見たいし、降って欲しくないわ!




日|000 000 000|0  H5 E0
西|000 102 00x|3  H6 E1


【敗】 武田勝(1勝2敗)

投手:武田勝-武田久-谷元-宮西/鶴岡



【通算成績】 23試合  6勝16敗1分(-10)
●●○●△●●●●○●●●○●○○●●●●○●(3~4月/6勝16敗1分)


※試合数メモ 鷲-3(1-2) 鷹-6(3-3) 檻-2(0-2)
       鴎-6(0-5-1) 猫-6(2-4) セ-0(0-0)

試合日記_2010  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::
同じタイミングで同じような内容を書いていたのでビックリ。(笑)
ガンちゃんの「野次アリ」発言、私も聞きましたが、彼はめっちゃめちゃファイターズに愛のある人ですから、彼なら愛ある野次が言えると思いました。もちろん選手もガンちゃんの愛をちゃんと分かって受け止められると思いますし。信頼関係が成り立ってますもんね。
ただね~それを普通のファンができるかっちゅうと、mizさんの言う通りだと思います。難しいと・・・
でも野次る人って、勝っても負けてもきっと何かいちゃもんつけてるんだと思う。だから本当なら、出来るだけ近寄らないでいたいんですけど、お互いファンだからそこがなかなか・・・(笑)
編集 △ page top
::
お返事、遅くなってしまってスミマセン(汗)

ボロ負け試合でのガンちゃんの解説は、マイナスオーラただよい過ぎていて、正直、あまり得意ではないんですが(って、最近はコントロールしているようですが)、確かにガンちゃんなら「愛のある野次」が飛ばせると思います(笑)
負け試合、上手く行かない展開の時って、ただでさえ空気が悪いのに、そこに怒鳴り声とか罵声みたいなのが聞こえてくると、内容より先に、その声音のせいで更に雰囲気悪くなるんですよね。それがイヤで。
本人は「叱咤激励」のつもりなのかもしれませんが、ハタから聞いてるとそうは思えないってのが実情かも。
機会があれば、選手に聞いてみたいですね、「ぶっちゃけ、野次られてどう? いいプレー出来そう?」みたいに。どうなんでしょ?
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。