::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2010/04/28 対オリックスバファローズ7回戦
【ファイターズ●5-13○バファローズ (札幌ドーム/ 22,115人)】

朝から、すごい風と雨! 
ハマの番長のリーゼントもサラサラになってしまいそうな風の中、ドームに向かって出発しました。
世間はゴールデンウィークがどうとかこうとか、そういう雰囲気らしいですが、家業が農業といえ、私が担当しているのは主に販売方面で、みなさんが休みになればなるほど仕事が忙しくなる反比例なお仕事。
なので、ゴールデンウィーク9連戦、試合を見に行けるのは今日だけ――と、ちっさな軽自動車で行きましたですよ。ていうか、わたしが札ドに到着した頃は、雨は気にならない程度になっていて、晴れ間も若干、見えてたぐらいだったんですけれども。

2万2千人と、思ったよりたくさんのお客さんが入ったのは、厚別区民デーだったからか、それともレディスデーだったからか。平日にしてはたくさんのお客さんの前で勝って欲しかったんですが……ねぇ、なかなか上手く行きませんねぇ~




…………と前フリを書いていた所で眠気に襲われ、そのまま寝てしまいました。やはり慣れないこと(夜の運転&雨風)で疲れてたんですかね。え? 年のせい? いやいやいやいや…………いや、そうだよなぁ、もう年だもんなぁ~

ってことで、以下、翌日に書いた日記。
負け試合だったので(しかも13失点)、ちゃっちゃと済ませましょう。


先発は吉川くん。外野スタンドからだと球筋までは見えなかったんですが、初回三者凡退・2回四者凡退(うち、四球1)・3回三者凡退――と、吉川くんらしくない(?)スムーズさ。「今日の吉川は打てんわ!」って感じでは無かったんですが、出だしは頑張ってたんじゃないかと思います。
で、4回、四球絡みでラロッカに3ランを打たれてしまいます。あああああ……ああ~~~~~
怖れてた展開になってしまったワケですが、まだ「崩された感じ」ではなかったような。ホームランの得点でしたし。
5回には信二のポロリもあって、やはり精神的に消耗が大きかったのか、6回、先頭打者の赤田にソロホームランを打たれてしまいます。その後、ヒット・四球・エラーの3点セットでノーアウト満塁。これは辛い。ここで吉川くん降板、出てきたのは――意外に榊原。

ここで抑えれば信頼度グンとアップ――の場面だったのですが、悪い流れを食い止めることが出来ずにタイムリーをコンボで食らって4失点。うーむむむ。
確かに、他人の作ったピンチ(しかもノーアウト満塁)で登板するのは難しいことと思うのですが、彼のような立場だと、むしろそれを「チャンス」にしていかないと、なかなか1軍定着は出来ないんじゃないかな――と。他人が口にする分はいいけれども、自分が「他人の作ったピンチだったから」「1軍での経験がまだ浅いから」ってのを理由にして欲しくはないなぁと思いました。

7回からはツッチーこと土屋投手が登板。7回8回を投げ、8回にオリックスグッチーに3ランを打たれてしまいます。プロ1軍は甘い球を見逃してはくれないのよ~
そんなワケで若干苦い結果となってしまいましたが、でも、「これから」の選手ですからね。この苦さも時間が経って発行したら甘美な味かわるのでしょう。
そうそう、キャッチャーが尾崎になりましてね、その点でも見に行って良かったなーと。鎌ヶ谷行かなくても見られたよ!
9回はウルフ。中嶋さんに寄れば、前より球はよくなってるようですが、ランナーを貯めてタイムリーを打たれて1失点。信頼を回復するには、ちょいとまだ時間がかかりますかね。


打つ方は――オリックス先発ヤマショーさんをなかなか打ち崩せなくて8-0まで行った時は、「あー、またかー」と思ったんですが、6回、糸井死球をきっかけに二岡がタイムリーを放って1点を返します。二岡はホント、安定してますね。これで、全試合出られるぐらいの体力があったら――と思うんですけれども。
そういえば、初回、守備位置に着く時、キッズスターターと一緒だったんですけれども、二岡の所は子供が声をかけていいかどうか凄く迷っていて、しばらく経ってからやっとサインをお願いしていたりして、そういう所もまだ「慣れ」ていないのかなーと思ったりしました。つか、素敵すぎて逆に声をかけれん、わたしの場合は……(選手の近くに行けるのは嬉しいですが、近すぎると逆に「ダメダメ、これ以上無理」ってなりません? キャンプの時とかそうでした)

7回、だいぶ「揺れ」てきたヤマショーさんをせめたて、ひちょりがタイムリーを放って2点目。
投手交代後、信二内野ゴロの間に更に1点追加。ここでタイムリーが出てたら――ねぇ。むぅむぅ。
8回には2アウトから尾崎2ベース→陽タイムリー3ベース→賢介タイムリーで俄然、追い上げムードとなるんですが、満塁で信二がファールフライを打ち上げてしまい、万事休す。まぁ、「手も足も出ない」感じじゃなかったのは不幸中の幸いかな――と。

5点とれたけど13点とられちゃねぇ――と。増井は別として、鎌ヶ谷からやって来た投手が早く活躍してくれればいいのになぁと思いました。須永とか須永とか須永とか、早く上がってこないとヤバイよ~


オ|000 305 032|13  H14 E1
日|000 001 220|5   H10 E2


【勝】 吉川(0勝1敗)

投手:吉川-榊原-土屋-ウルフ/大野


【通算成績】 31試合  8勝22敗1分(-14)
●●○●△●●●●○●●●○●○○●●●●○●●●○●●●○●(3~4月/8勝22敗1分)


※試合数メモ 鷲-6(1-5) 鷹-6(3-3) 檻-7(2-5)
       鴎-6(0-5-1) 猫-6(2-4) セ-0(0-0)
試合日記_2010  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。