::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2006/10/22 対中日ドラゴンズ(日本シリーズ第2戦)
【ファイターズ○5-2●ドラゴンズ (ナゴヤドーム/38,095人)】

エスカレーターに近付くと、ラジオって聞こえなくなるんですよ。知ってました?(知らないって)

用事を終わらせ、東京駅のキハチ(アルファベット表記なのかしらん?)でアイスを食べてから山手線で浜松町に向かいました。
って、ちょうど6時を過ぎた頃で、カバンからいそいそと携帯ラジオを取り出して日シリの放送を聞こうとしたのですが、エスカレーターとかああいうモーター系(?)のものに近付くと、全然ダメですね。聞こえなくなっちゃう。ちなみに、スーパーの冷蔵の棚とかも全然ダメですよ(ええ、試した事あります。買い物中も中継聞きたくて)

電車に乗ってからもあんまり電波状況がよくなくて、でもそれでも、なんとか音声を拾おうと四苦八苦しながら八木くんの投球を聞いてました。
井端にホームランを打たれた時は、ちょうど電波が悪くて聞けなくて、で、ようやく音声が聞こえてくるようになったらアナが「ホームラン」って言っててガックリ(涙)
というか、ニッポン放送の解説さんは、「今日初めて八木が投げるのを見ました」とか言ってたんですが、そんなんでどうやって解説するんですか(汗) 事前予習とかしないのか~
って、セリーグファンの皆さまには申し訳ないですが、野球解説者って、ホントにセリーグが野球の方が面白くて、セリーグが野球の中心みたいな喋り方しますよね。パリーグは割とどうでもいい感じで。
昨日のテレビ解説も(注:ハムファン的に)かなりゴニョゴニョだったので、わたくし、途中から音声を小さくしてラジオ中継を聞きながら映像を見てたりしたんですが。

パリーグの野球だって面白いんだい!――と、世界の片隅でこっそり主張しつつ、今日の試合。
もうね、八木くんになら、もしも宝くじ1等3億円が当たっても半分寄付していいな――と(どういう評価基準だ)
コメントで「今日も落ち着いていつもの投球が出来ました」って言ってたそうですが、「今日負けたらヤバイ」という試合で、しかも敵地。どうしてこの状況で普通でいられるんだろう――と。ルーキーって名称が、これほど合わないルーキーもいませんね、えぇえぇ。

ホームランで点を取られる――というのは、八木くんにしては珍しい感じだったんですけれど、逆に言えば、ホームランで良かったな、と。
取られた点はどちらもソロホームラン。つまり「ランナーをためない」という事と「点を取られても後続をしっかり断ち切る」事がどちらもしっかりこなせてたという事で、今日の勝因の一つは間違いなく八木くんのこの「しっかりとした投球」にあったかと思います。
表情はややかたい感じでしたけれど、投げ方やストライクをどんどん取っていく強気なピッチングは、確かにいつもの八木くんな感じでした。解説の清原も、凄い誉めてましたよね。
(余談ですが、清原の解説は、どちらにチームに対しても公平で、両チームの選手に敬意を払っているいい解説だと思いました。解説ですぐ食っていけるよ~)

山本マサのバント処理で、迷わず3塁ランナーを刺した時なんて、ちょっと惚れそうになりましたね。いや、もう充分好きなんですけれど(笑) 昨日のダルの失敗を、八木くんが挽回したって感じかな。

打線の方も、下位でタイムリー、セギがホームラン――と、割と良い形だったんでないかと思います。
ガッツが全然ダメなのと、稲葉もうーんって感じなのと、あと、地味に田中賢介がちょっと打ててないのが気がかりなんですが、まぁ、試合慣れしていったらどうにかなってくれるんでないかなーと。

そうそう、家に帰ってから録画を見返して八木くんのピッチングを見たんですが、なんか、下手な野手より打てそうな感じで(笑)、見ていて「おおお」って感じでした。
ファールで粘る事も出来てたし、フライアウトとはいえ、ちゃんと枠内に飛ばしていたし。解説の人にも「バッティングも良さそう」って言われてましたしね。甲子園時代は、ホームランも打ったそうですよ。今年のファイターズ投手陣で、唯一打点を上げてるのが実は八木くんだったりします。強打者八木(笑)

試合の方は、金子の逆転タイムリーで3-2。実は、飛行機に乗る直前に福留にソロHRを打たれて2-1になってしまって(空港の搭乗ロビー?みたいな所のテレビが野球中継を映してたので、そこまではテレビで見ました)、飛行機の中で「八木くん頑張れ、野手は助けてあげて」と念じ続けておりました。
で、飛行機を降りて千歳空港のテレビを見てみたら、なんとビックリ、逆転してるし。いや、マジで嬉しかったですわ、これは。
そんでもって、セギの2ランで5-3。昨日は打たれてしまった武田久も、7回はちょっとアブナイ感じでしたけれど、8回はピシャリとしめて、そして9回はマイケル中村!
紅白戦で結構、ぐだぐだな感じの投球だったので、正直、ちょっと心配だったのですが、ランナーを背負う事無く三者三凡。ゲームセット。なんとか4タテだけは阻止しました。

明日は移動日で、火曜からは札幌ドームです。ぷはー、気合い入れて応援してくるぞ~~~~~っっ

投手:八木-武田久-MICHEAL / HR:セギノール(2ラン・8回)
【勝】 八木(日本シリーズ1勝0敗) / 【S】 MICHEAL(日本シリーズ1S)

【日本シリーズ通算成績】 2試合 1勝1敗



+++
(別サイトの日記より転載・一部修正あり。投稿日時は、元記事の投稿日時です)
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。