::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2010/06/15 対東京ヤクルトスワローズ4回戦
【ファイターズ○10-2●スワローズ (神宮/9,108人)】

稲葉が2打席連続ホームランで、金子が3ランで、ついでに(?)高口もホームラン打っちゃって、糸井は糸井で1試合4本の2ベースという日本タイ記録を出しちゃうし、「ダンカン」連呼されていた陽くんは猛打賞だし、榊原プロ初勝利おめでとう!――だし、いい事づくめのはずなんですが、やっぱりマッスーが心配で完全には喜びきれないあたりがにんともかんとも。
背中というか肩というか、肩胛骨のあたりに痛みが出て、1回で降板――となったのですが、今やローテの大事な一角の選手、大きな故障じゃないことを祈るばかりです。痛いの痛いの、どっかに飛んでいけ~~~~

マッスー降板で、スクランブル登板になった榊原。思わぬ形でやってきた今日の初勝利でノっていけたらいいですね!
若手がイマイチ伸びてこない――ってのがここ数年の悩みなので、矢貫とか榊原とかもっさんとか吉川くんとか、どうにかして1軍のポジションを勝ち取って欲しいなぁと。つーか、須永は何やっとんじゃ~~~~い!(こっちのヒデキ頑張れ~)


今日の勝利で、交流戦勝ち越し決定。パリーグ上位6位独占も確定しました。勝っても勝ってもちっとも差は縮まりませんでしたが(涙)、パリーグ好きとしては「えっへん」という感じで嬉しい限り。わ~れら~の~わ~れら~のパシフィックリィグ~~♪
先発は増井。
初回を三者凡退――と、イイ形でスタート出来て、「よしよし、マッスー頑張れよ」と思っていたところだったので、CMあけ、実況アナが「マウンドに榊原の姿が」って言った時、「はぁ?」みたいな感じで。降板理由もなかなか分からなかったので、ヤキモキしましたよ~
肩胛骨あたりが痛んだようですが、今後の影響はどんな感じになりますかね……心配。軽いものであることを心から祈ってます。マッスーがいない先発ローテは淋しいよ~~~~

で、2回から急遽登板となったのが榊原。誰より頑張らないといけない立場ですよねぇ。
先頭打者に四球を与えてしまった時は、「あああああああ」と動揺したのですが、そのあとのゲッツーでなんとか立ち直った感じが。3回は三者凡退、いい出来でした。これが自信に繋がっていくといいですね!
4回5回はウルフ。ていうか、ダルも言っておりましたが、神宮のガンは甘過ぎ(笑) だって、ウルフ、155キロ連発っすよ~ 確かに速いんだけど、155キロはないだろーみたいな。
球場の広さもそうですけど、全国統一とか出来ないもんですかねぇ。どうなんだろ??

あ、ウルフは三者凡退×2回で良い出来でした。「うーん、ちょっとなぁ」な投球だったのが、次の回を投げた林。
ソロホームランを打たれたあと、四球を与えてしまいます。結果的に1点止まりだったのですが、これはちょっと印象悪いなーと。今日は他の投手が頑張ってたのもあって、相対的に見ると一番「うーん」な投球だったかも。
7回は加藤投手。四球を1個出しますが、その他を抑えて無失点。こんな感じで安定してくれると助かりますよねぇ~

8回は宮西くん。こんな試合に使うのは勿体ない感じですが、調整登板的な側面もあったのかな?
三者凡退。安定したお仕事でした。そうだ、WLHシリーズのユニ、宮西くんのを買おうと思ってたんですが、ネーム入り選手一覧に名前がないんですよ。な、な、何故に~~~ こんなに活躍してるのに……
色々調べたら、WLHシリーズのユニはネームプリントサービス対象外っぽいですね。うーん、こうなったら普通のホームユニで宮西くんのを作るか???(つーか、9月まで札ドにいけませんが……(汗))

9回は建山。1点を失ってしまいますが、まぁ、マウンド状況とかもあったし、ズルズルいかなかったので、特に大事はないでしょう。
全球場をドーム球場にして欲しい――とは思わないですが、雨の季節になると屋外球場に屋根が欲しくなりますね。ヤクルトなんで巨大ビニール傘なんてどうでしょ?(おいおい)


さて、攻撃ですが――鶴ちゃんの打撃スイッチを入れた野球の神様は、稲葉のホームランスイッチも入れたっぽいです。ていうか、ここ10試合ぐらいのホームラン数、すごいことになってね?
初回。2アウトをあっさり取られたあと、「いやいやいやいや」というばかりに先制のソロホームラン! これだけでもすごいのに、3回にまた2アウトからソロホームランですよ! 気温が上がってきて、身体も動くようになったのかな?
4回には、糸井2ベース→金子送りバント→陽くんタイムリーで1点追加。効果的に点を取れましたね、今日は。

5回には、これまた2アウトから稲葉死球→小谷野野選→糸井タイムリー2ベース→金子3ランホームラン→陽くん内野安打→相手ボークで進塁→強打者・鶴ちゃんタイムリー――と、「ハム野球のいやらしさ」を絵に描いたような攻撃で、気づいたら8-0。2アウトからですもの、こりゃ相手もたまったもんじゃないでしょう。
更に更に9回には高口のホームランと陽くんのタイムリーで2点追加。10点も取っちゃいましたよ。ああああ、明日に貯金出来れば――ッッ!


ヤクルトにはやられっぱなしでしたが、最後の最後でいい試合が出来ました。
交流戦、残す所あと1試合。イイ形で勝って、リーグ戦再開に繋げたいんですが……それは相手も同じだから、キビシイ勝負になるだろうなぁ。先発は誰だろ。誰であっても頑張ってくれ~~~~




日|101 150 002|10  H17 E0
ヤ|000 001 001| 2  H 4 E0

【勝】 榊原(1勝0敗)

投手:増井-榊原-林-加藤武-宮西-建山/鶴岡-大野
HR:稲葉11号(ソロ・1回)、稲葉12号(ソロ・3回)、金子誠3号(3ラン・5回)、高口1号(ソロ・9回)

【通算成績】 63試合  26勝35敗2分(-9)
●●○●△●●●●○●●●○●○○●●●●○●●●○●●●○●○○(3~4月/10勝22敗1分)
○●●●○○○○○●○○○●○○●●(5月/11勝7敗)
●△●●○○●●○○●○(6月/5勝7敗1分)

※試合数メモ 鷲-8(3-5) 鷹-6(3-3) 檻-8(3-5)
       鴎-9(1-7-1) 猫-9(4-5) セ-23(12-10-1)

試合日記_2010  コメント(0)   トラックバック(1)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

【涙の種、笑顔の花】6月15日 東京ヤクルト4回戦
【一言】  とりあえず、試合前の練習場くらいちゃんとしたのを確保しろと。神宮はご存知学生野球の聖地ということで、プロ野球よりも大学...
2010/06/16 06:34│世界日本ハムの哀れblog@いらぬ物を淘汰した世界に幸せなど待ってはいない
| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。