::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2010/07/01 対西武ライオンズ12回戦
【ファイターズ○9-7●ライオンズ (西武ドーム/13,605人)】


信二、信二は大丈夫なんですか~~~~~~~(涙)




公式サイトでは、CTスキャンをして問題なし――と書かれてましたが、球の当たった場所が場所な故に、とってもとっても心配です。何日かしてから症状が出たりすることもあるというし……
前回の死球による打撲が治って1軍に戻ってきて、打撃の方もやっと上向いてきたかなっていう時だったが故に残念でなりません。こういう頭部死球って、しばらくあとを引きずっちゃったりするんですかね。無意識のうちに、向かってくるボールへの恐怖心が出る――みたいな感じで。
信二への頭部死球が無ければ、やったー6連勝だ! 借金完済だ! ドキドキ劇場今日も絶好調だ!――と素直に喜べたんですが、とにかくとにかく、信二に何事もありませんように。神さま、お願いします、なむなむ。



(ていうか、信二への死球のあと、警告試合になったそうですが(警告試合→報復行動と思われるような行為があったら、理由を問わずに即、退場処分に出来る試合らしい)、ファイターズの選手が報復なんてするかよ!!――って思っちゃいましたよ。
まぁ、審判も自動的にそういう風にしなきゃならんのでしょうが、なんかちょっと悔しかったです。
先発は金森くん。前回、先発として初勝利をおさめて、これで自信をつけて調子を上げていってくれればいいなぁと思ったのですが、ちょっとスッキリしない感じの投球になってしまいましたかね(汗)
本人コメントを見ると調子自体は悪くはなかったそうなんですが、球が高めに行ってたのかな?
4回途中まで投げて、本塁打2本を含む被安打8の5失点。調子が上がってくる印象もなくて、5回もたずの降板もやむなし――って感じだったかもしれません。
まぁでも、どの先発投手だて5回4失点ぐらいの事はあるし、これで降格ってことはないんじゃないかと(つーか、ただでさえ足りないのに)
次の登板で2勝目をゲットしてくれたらいいなぁと思いますです。

で、金森くんからマウンドを引き継いだのが、今やロングリリーフエース(ってのも変な単語ですが(笑))の榊原。
彼はやっぱり「順番」の中で投げるよりも、こういう「急に誰かが行かなきゃならなくなったんだけど、誰か行ってくれる?」な状況の方が力が発揮出来るんでしょうかね。
4回途中から9回途中までを投げてくれました。9回はもうヘロヘロ状態でヒット2本打たれちゃいましたが……これはまぁね、仕方ないでしょう。
毎年、「勝ち運」を持つ投手ってのは出てくるんですが(ヤタローとか江尻とか)、今年は彼で確定っぽいですね。この短期間で4勝。ヒーローインタビューが相変わらずフニャフニャしてますが、まぁ、彼の場合はこれが「持ち味」なんでしょう。今年一年でどこまで勝ち数を増やせるかな?


9回途中、ノーアウト1・2塁でマウンドを引き継いだのが石井。
2点を失ってしまうんですが、首位の西武相手ですから、ノーアウト1・2塁の状況で無失点に抑えるのは難しいんじゃないかと。それより、中島・ブラウンをアウトにしたことが大きかったような気がします。
特にブラウンの三振。西武的にはチョー期待の場面だったが故にガッカリ度も大だったんじゃないかなーと。

ラストは建山。ドキドキファイターズ劇場絶好調という感じで、いきなり四球を与えてしまったりします。こんだけ9回裏ドキドキ劇場が続くと、これはもうチーム方針なんじゃないかと思ってしまったり(笑) 「ファイターズは最後の最後まで野球ファンを楽しませます!」みたいな(いやいやいやいや)
あともうちょっと押されたら勢いよく落っこちそうな感じだったんですが、ギリギリの所で踏み止まりました。建山、頑張りましたよぉ~~~~~



さて、打つ方ですが、調子があまりよろしくないっぽい西武先発・西口の前に、ランナーを出してはチャンスを潰すの繰り返しで、序盤は我慢の展開が続きました。
3回に小谷野のタイムリーで1点を取るんですが、後続が続かず。5-1という展開で、「こりゃ今日はキビシイかな」と思っていた4回、陽→鶴岡と連続ヒットで出塁のあと、賢介が久々にホームランを放ちます。3ラン。5-4になり、これで一気に試合は分からなくなりました。

7回、栄ちゃんが2ベースで出塁したあと、この日大活躍の陽くんがサード強襲タイムリーを放ち、同点に。こうなったら勢いはハムのものです。
鶴ちゃんがヒットで続き、金子がおいしいところを持っていくタイムリーで逆転に成功。
更に8回、賢介ヒット→ひちょり犠打→稲葉タイムリーという実に美しい形で1点追加、その後、小谷野四球→信二への死球で満塁→陽くんしっかり見て押し出し四球、更に更にもう1点追加。

9回には、ひちょり2ベースのあと、稲葉タイムリーでダメ押しのダメ押し――と、終盤の追加点が実に大きな試合となりました。
序盤にあれだけ大差がついていて、それをひっくり返したってのは、今年あまりないんじゃないですかね。なんかちょっと去年の「5点差あっても負ける気がしねぇ」ファイターズを思い出しました。


これで借金0、勝率5割復帰です。すごい勢いで借金返しましたね。
まぁ、しばらくは5割ラインをウロウロすることになると思うんですが(そんなにそんなに上手く勝ち試合が続くワケはないでしょうし)、なんとかちょっとずつでも貯金を殖やしていけたらなぁと。
つーか、借金0でもまだ5位なパリーグって……とほほ~ん。



日|001 300 221|9  H19 E0
西|023 000 002|7  H13 E0


【勝】 榊原(4勝0敗)

投手:金森-榊原-石井-建山/鶴岡
HR:田中賢3号(3ラン・4回)


【通算成績】 76試合  37勝37敗2分(±0)
●●○●△●●●●○●●●○●○○●●●●○●●●○●●●○●○○(3~4月/10勝22敗1分)
○●●●○○○○○●○○○●○○●●(5月/11勝7敗)
●△●●○○●●○○●○●○○○○○●○○○○(6月/14勝8敗1分)
○(7月/1勝0敗)

※試合数メモ 鷲-8(3-5) 鷹-9(5-4) 檻-11(6-5)
       鴎-12(4-7-1) 猫-12(67-5) セ-24(12-11-1)

試合日記_2010  コメント(1)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。