::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2010/07/06 対福岡ソフトバンクホークス10回戦
【ファイターズ●0-12○ホークス (東京ドーム/ 27,516人)】


思わぬ大差負け試合になってしまいました。
個人的には僅差負けの試合の方がイイんですが(だって、大差負けだと試合日記に書く事がない(笑) 僅差だと「あと、もうちょっとだったんだけどなー、惜しいなぁ」って感じで)、まぁ、「コテンパンにやられら方がスッキリ」って方もいらっしゃいますでしょうし、どっちもどっちですかねぇ。

ってことで、さらっと行きましょう。つーか、攻撃面で書くことあんまり無さそう~(汗)
先発は矢貫。
「相手が手も足も出せない、とっても凄い投球」は無理でも、そこそこ試合を作ってくれればなぁ――って感じの投手だと思うんですが、なんか今日はちょっとバタバタして自滅したっていうイメージですかねぇ。
解説の衣笠さんによれば、球自体は悪くなかったようですから、それを考えると惜しい感じかも。まぁ、そこを簡単に何とか出来たら、みんな普通に10勝投手になれますけれども(笑)

「狭い東京ドームで投げなきゃならない」っていうプレッシャーも、多少はあったりしましたかね。
初回の1失点は仕方ないにしても、5回、ヒットと四球でランナーをためてからの3失点はいたかったかなぁと思いますです。5回4失点で降板。もうちっと投げて欲しかったですね。
今はホントに「先発さん、いらっしゃ~い」状態ではあるんですが、だからといって誰でも言い訳でもなく、なので矢貫はもうちっと頑張らないとアカンかも。突き抜ければ行けそうな感じもするんですけどね。

6回からは谷元がマウンドを引き継いだのですが、いわゆる「敗戦処理」がしちゃいけないのは、「それ以上失点を重ねること」 辛抱して辛抱して味方の反撃に繋げるのが敗戦処理であって、「もう負け試合だから、いくらでも点を取られていいよ」ではないのです(――きっと)
そういう意味では全く仕事をすることが出来ませんでした。1軍に上がってくるぐらいですから、実力はあると思うんですが……2アウトから連打連打&トドメの3ランで一気に6失点。これはちょっとかばいようもありません。せっかくのチャンスだったのだから、掴んで欲しかったですけどね……もうちっと修業が必要だということなのでしょう。インチキ道場で鍛えてもらえ~~~

7回8回は加藤。ランナーはいっぱい出したのですが(2アウト満塁(笑))、最後の最後で踏ん張ったあたりが、谷元と加藤の分かれ目だったんだろうなぁと。彼も、立場的に余裕はないですからね。必死に食らいついていかねば。
9回はウルフ。ここのところ調子がいいなぁと思ってたのですが、この日は2失点。うーん、また信頼度が下がっちゃったか~ なかなか、上手いこといかんもんです。


打つ方は――そうそう、稲葉が350本目の二塁打ってことで。確か、何かの記録も東京ドームで達成してませんでしたっけ? メモリアルと相性がいいのかな、東京ドーム。
見所はそれくらいでしょうか。いやまぁ、調子のいい杉内相手だったので、キビシイっちゃーキビシイんですけれども……確か、3塁を踏めてなかったような。まぁまぁまぁ、こんな試合も年に何試合かは必ずあって、ノルマを果たしたと考えればいいでしょう。大切なのは、連敗しないこと――です。これが出来れば上位も見えてくるぞい~~~~


ソ|100 036 002|12  H16 E0
日|000 000 000| 0  H 7 E1

【敗】 矢貫(1勝2敗)

投手:矢貫-谷元-加藤武-ウルフ/鶴岡



【通算成績】 80試合  39勝39敗2分(±0)
●●○●△●●●●○●●●○●○○●●●●○●●●○●●●○●○○(3~4月/10勝22敗1分)
○●●●○○○○○●○○○●○○●●(5月/11勝7敗)
●△●●○○●●○○●○●○○○○○●○○○○(6月/14勝8敗1分)
○●○○●(7月/3勝2敗)

※試合数メモ 鷲-11(5-6) 鷹-10(5-5) 檻-11(6-5)
       鴎-12(4-7-1) 猫-12(67-5) セ-24(12-11-1)

試合日記_2010  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。