::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2006/11/11 対チャイナスターズ(アジアシリーズ)
【ファイターズ○6-1●チャイナスターズ(中国) (東京ドーム/12,337人)】

本日のアジアシリーズ。

対中国戦。中国はプロ野球が出来てまだ5年で、年間でも30試合ぐらいしかしないという話なので、力の差はやっぱり歴然という感じでした。これからですね、中国の野球は。
今日の先発は金村。ってことは、決勝はやっぱりダルですな。ちょっと前までの金村だったら、「なんでエースの俺が中国戦なんだ」って不満に思ったりもしそうですけれども、あの件で生まれ変わって、納得してくれてたらな……と思います。
てか、各マスコミのみなさん、ダルはまだうちのエースじゃないっす(汗) ことごとくエース扱いなんだもんなぁ(さすがにまだエースの責任を負わせるのは早いかと)

技術的にはまだまだ……な中国相手という事でしたけれど(ピッチャーが牽制したら、誰もベースにいなくて暴投になってしまうとか、そういう初歩的ミスが)、金村はやっぱり金村っていうか、ちょこちょこ打たれておりました。でもまぁ、「ランナーを出しつつ粘りの投球」ってのが金村の味みたいなもんですし、結果的には無失点でしたから、それなりにそれなりだったんじゃないかと。

打線の方は、上位よりもむしろ下位打線の方が面白かったかも。稲田とか紺田とかの若手が。稲田は、「おれ、すんごい打つよ」な自信満々の打撃フォームだし、紺田は妙に腰が引けててへっぴり腰っぽく見えてしまう(笑)フォームだし。
それなりにそれなりな感じで、コツコツと点を取っていって、最終的に6-1で勝利。
途中からは、休ませるために主力を次々下げていって、テレビではまず滅多に見られない糸井とか出てきて、「おおおおお」みたいな。
糸井は、ピッチャーでドラフト入団してきたんですけれども、コントロールの悪さが治らず今年から打者に転向したんですね。そしたら、転向1年で結構ガスガス打っちゃって、2軍での月間MVPとかも取っちゃったのかな?
身体能力が高く、特に足が速いらしくて(2歩目3歩目の加速が凄いらしい)、で、今、外野の守備を練習してるんですけど、「ポスト新庄」とも言われている素材だったりします。まぁ、転向したてなので、外野守備はアレらしいですけれど(汗)
打力のあるバッターとして将来を期待されているひとりだったりします。いやまぁ、今日は駄目でしたけれど……ううう、頑張れ、糸井~

ピッチャーの方は、金村→伊藤→トーマス→江尻→岡島と繋ぐリレー。とりあえず、投げてなかった中継ぎを全部出してみました。
伊藤は、自らピンチを招きながらも、なんとか1回を無失点。トーマスがズバズバストライクを取っていたあたりに「いや、今頃遅いから」とテレビの前でツッコミ。
岡島は、なんかあんまり気合いが入ってなかったのか、ホームランを打たれてました(汗)
そして、江尻。ああ、江尻だ、江尻がテレビに戻ってきた……ッッ 性格よしルックスよし、駄目なのは制球だけ(!)――という江尻が、今日は1イニングを完璧に抑えてくれました。マックス148キロだったかな?
いい球を投げていたようで、来季に上手く繋げて欲しい所存です。っていうか、先発が駄目でも中継ぎでいけるんじゃ……(むしろ、先発で3回保たないなら最初から中継ぎで2回限定にしてみるとか。でもなぁ、うちは先発不足だからなぁ)

んでもって、明日の夜、台湾のチームと決勝戦です。今日、台湾の4番がすんごいホームランを打ったみたいで(看板直撃?らしい)、油断は禁物といったところ。ダルの出来次第ですかねぇ。先制点が取れれば、なんとかなるんじゃないかと。うー、手を抜くなよ、ダル~(ダルの場合は、体調より気分的なものの影響が大きいと思う)


投手:金村-伊藤-トーマス-江尻-岡島 / HR:高橋(2ラン・3回)
【勝】 金村(アジアシリーズ1勝0敗)

【アジアシリーズ通算成績】 3試合 3勝0敗



+++
(別サイトの日記より転載・一部修正あり。投稿日時は、元記事の投稿日時です)
ハム日記_2006  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。