::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::2010/09/21 対オリックスバファローズ23回戦
【ファイターズ○4-3●オリックス (札幌ドーム/22,591人)】

ぬお! 案の定ですが――疲れて寝てしまいました。
ほんっっっとに久々の札ドでの勝ち試合、心地よい疲れであります。


それにしても、キャッチャーって、凄いですよね。
なんか、普通にボールを受けるのだけでも凄いのに(あの硬い硬球が150キロぐらいで、自分に向かって真っ直ぐ飛んでくるんですよ)、配球を考えたり守備位置の指示を出したり、果てはとんでもない勢いで突っ込んでくる身体の大きな選手をぐわっとブロックしなきゃならないんですもの。自分も吹っ飛ぶぐらいの勢いで。
今日のラストの鶴ちゃんのブロックの時の、審判が判定をコールするまでの数瞬。絶対アウトだと思ってるから血がブワッとなるんだけど、その前のほんの僅かな時間、それが、瞬間、フッと止まるあの感じ。
球場中の意識があの瞬間、一点だけに集中してましたよね。視線が目に見えたら、とんでもないことになっていたに違いない。

いや、鶴ちゃん、本当に凄いわ! 身体だってそんな大きくないのに……なんて頑丈(誉め言葉)なの! ヒーローに呼ばれるかと思ったんですが、身体が痛くてそれどころじゃなかったかも――ですね。投手も頑張ったけど、第3のヒーローは間違いなく鶴ちゃんだと思いました。


いい試合を見ることが出来て、本当に楽しかったです。だから今日はとっても幸せ~~~~
先発はウルフ。久々の生ウルフでしたが、相変わらず威力のある球だなぁ――と。同じボールを投げてるのに、マサルさんとウルフではこんなにも印象が違うんだなぁと改めて感心。
ここのところ調子がいいので、今日あたりちょっと谷間が来るかな――と思ってたのですが、いやいやどうして、絶好調とはいかないまでもフツーに先発のお仕事をしてくれたのではないかと思いますです。
近くにいたオジサンたちが、カブレラに四球を与えた時、「逃げんな、ゴルァ~」みたいな野次を飛ばしてましたが、下手に勝負にいって打たれるよりずっといいと思うんですけど、どうなんでそ?
T-岡田にタイムリーを打たれ1失点してしまいますが、5回1失点ですもの、充分じゃないでしょうか。爪が割れてしまって5回での降板となりましたが、「お疲れさま」と心からいいたいです。爪、早く良くなるといいですね。

フル回転でお疲れ気味な中継ぎ陣ですが、しっかりきっちりお仕事してくれました。
6回からは林。7回1アウトまで投げて完璧な投球。7回途中からは建山。もー、建山さんかっこういい! ツイッターの絵文字のチョイスは、年齢が出てる感じですが……(笑)
8回は菊地→宮西リレー。こちらも完璧な結果。ほんっと、頼もしい投手陣です。

9回の久に行く前に、打つ方のことを。
序盤はお互い静かな攻撃で投手戦の予感がしたのですが、3回、オリが先制して試合が動き出しましたね。
すぐ裏の攻撃で栄ちゃんのヒットをきっかけに、陽くんがタイムリーを放って追いつきます。
試合前、ベンチ前で素振りをしている陽くんの姿がビジョンに映し出されていたのですが、それがもう無駄なくらいにめちゃくちゃ格好良くて――いや、無駄ってことはないか(笑) 陽くんをよく見ているわたしですら、一瞬、ハッと息を飲んでしまうぐらいに素敵で、「ああ、今日の陽くんはイイ感じだな~」と思っていたらこの活躍ですよ。やはり、調子がいい時はいいオーラが出るもんなんですかねぇ~

6回には、その陽くんのヒットを足がかりに飯山がタイムリーを放って勝ち越しに成功。
8回、またまた陽くんの2ベースから飯山のタイムリーでもう1点追加。「(こぶしを握り締めながら)やりました! 飯山、やりましたよ!」のコメントは、今年見た中でトップクラスに秀逸(笑) そんでもって、更に賢介犠牲フライで4点目もゲット! オリックスに大きなダメージを与えます。

陽くんの2ベースは、外野の間を抜けないのはスタンドから見てても分かる感じでしたが、陽くんは1塁ベース手前で大きくカーブして最初から2塁に行く気満々でした。陽くんの「イケイケ」オーラが勝ち取った2ベースだったかも――ですね。すごいノってるのが遠目からでも分かりましたもの。
そんでもって飯山さん。4打数4安打2打点ですよ。昨日の全試合の打者の中で、一番輝いていたかと思われます。陽&飯山のお立ち台が見られて、チョー得した気分ですよ。うへへ~

それにしても、オリさんは5回裏から平野投入、岸田まで出してくる――という継投だったのですが、平野がちょっと早すぎたかな……みたいな印象が。肉離れ中のT-岡田スタメンもそうですが、最後のムチをちょっと早く入れすぎた感がありました。T-岡田も走れないから、ホームラン打つしかないんですよね。むむむむぅ。

そして、球場中が「これは勝つでしょう」な空気のまま9回表に突入だったのですが……みなさん、ご存知の通りの久劇場(汗) いや、負ける気はしなかったのですが、それでもちょっとドキドキしてしまいました。
2アウトをとってから4連打。1点差まで追いつめられ、更に同点のランナーがホームに突っ込んできたのですが、鶴ちゃんがホーム手前で走者のバルディリスをブロック。自分も吹き飛ばされたのですが、ボールを落とさず審判が「アウト!」のコール。もう、興奮しまくりでした。「ヨッシャー!」って叫んじゃいましたよ~~
そういえば、北川さんはこれが1000本安打目だったとか。花束もなかったのですが、あの空気の中、花束をもらってもちょっと困った……かも? とりかくおめでとうございます――と。ハムは相手のメモリアル献上がホントに好きですよね(汗)

ロッテも勝利のため単独3位はなくなりましたが、でも、食らいついていきますよぅ~
ていうか、西武とソフトバンクの方もとんでもないことになっておりますが……残り4試合でM4ですか。ひょっとしたら札ドでまた胴上げとかあるかも? あるかも???


オ|000 100 002|3 H 8 E0
日|000 101 02x|4 H13 E0

【勝】 林(2勝2敗) / 【S】 武田久(0勝5敗18S)

投手:ウルフ-林-建山-菊地-宮西-武田久/大野-鶴岡


【通算成績】 139試合  71勝65敗3分(+6)
●●○●△●●●●○●●●○●○○●●●●○●●●○●●●○●○○(3~4月/10勝22敗1分)
○●●●○○○○○●○○○●○○●●(5月/11勝7敗)
●△●●○○●●○○●○●○○○○○●○○○○(6月/14勝8敗1分)
○●○○●○○○○●○●●○●●●○●●●○(7月/11勝11敗)
●○○○○●○○●●●○●○●○○○●○△●●●(8月/11勝11敗1分)
○○○○●●●○○○●●○○○●○○(9月/12勝6敗)

※試合数メモ 鷲-22(12-10) 鷹-23(14-9) 檻-23(11-11-1)
       鴎-24(10-13-1) 猫-23(13-10) セ-24(12-11-1)


***
試合後、BBグリーティングの列に並んできたんですが、球団のカメラマンの方が好みのタイプのイケメンさんで思いきり目の保養をさせていただきました。海鮮丼にしょう油をかけすぎた以外は、全てが良かった久々の札ドでした。みなさんも、しょう油のかけすぎにはご注意を~~~
試合日記_2010  コメント(0)   トラックバック(1)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

【Round ZERO】9月21日 オリックス23回戦
【一言】  1990年代初頭、札幌でオリックス球団の誘致運動があったのを覚えている人はどれぐらいいるだろうか。まだ「ブレーブス」だ...
2010/09/22 19:44│世界日本ハムの哀れblog@お楽しみは、これからだ!
| home |
Copyright © 2017 【空へ飛ぶ時】 , All rights reserved. / since 2007.02.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。